ニュースレター サイトマップ プライバシーポリシー 総会報告

Home > ウガンダ武道館(多目的ホール)建設プロジェクト 



武道館建設プロジェクトについて(2011年12月13日より、第1期工事が始まりました!)


チルドレン・ホープ、ウガンダ事務所代表石原藤彦氏(極真カラテ弐段)は、2003年5月より空手を通じて、ウガンダ人の少年、少女、青年、そして壮年に日本の武士道精神を伝えています。
金銭的な援助、物資的な援助は、多くの国、団体が行っていますが、その弊害として、貰い慣れすぎている現実があります。中古衣料を貧しい子供たちに渡しても、その服は、ウガンダ最大のオウィノマーケットで売られているのが現実です。
売ったお金で生活できているのでありますが、服は、二束三文で買い取られてしまいます。
果たしてドナーはその事を知っているのでしょうか?与えるだけの援助では、アフリカ人は、自立はできません。
インターネットの普及により、グローバライゼーションの悪い面を学び、何でも手に入ると勘違いをし、簡単にお金を手に入れるために、強盗、殺人、窃盗を簡単にしてしまいます。
あらゆる階層で堕落の様相は深く、つい先ごろまで我々日本人が失っていた人間性の良さを持っていたアフリカ人が堕落していく現実を見るにつけ、一体、開発、進歩、援助とは何なのかと考えさせられてしまいます。
ウガンダのムセヴェニ大統領は、日本の発展を探り、武士道が関わっている事に気づきました。
ウガンダの父と呼ばれた柏田雄一氏も今アフリカに必要とされているのは、武士道、サムライ・スピリットだとムセヴェニ大統領に進言しました。
武道館建設プロジェクトは、日本人の血に流れているサムライ・スピリットを武道を通じて伝道するには、最適なものであると感じる次第です。ご支援のほど、よろしくお願いいたします。



武道館建設ご協力者の皆様


手帳100冊以上
購入者の皆様
北條節子様 NPO MUM様  山本恵美様


完成予想図



図面&建築許可証



◆住所 Plot 315, Block 26, Nviri - Bulange, Rubaga Division, Kampala
◆建築主 石原藤彦(チルドレン・ホープ ウガンダセンター代表)
◆設計者 PLANTEK CONSULTANTS
◆施工主 ASWANGAH CONSTRUCTION SERVICES LTD
◆敷地面積 1012平米
◆建設面積 305平米
◆駐車スペース 15台
◆土地所有権 こちら
◆第1期工事期間 2011年12月13日〜2012年4月末日 
(第1期工事は、事務所棟、武道館基礎、敷地整備まで)
*2012年4月30日に新事務所に移転いたしました。詳細は、こちら
◆第2期工事期間 未定 (武道館、多目的ホール建築)
◆使用目的
(武道館・多目的ホール)
ウガンダ国民に対し、正当な日本武道を普及・指導し、日本に対する理解を深めることを目的としている。武道館の図書・視聴覚室には、日本武道に対する理解を深めるための書籍や視聴覚資材を整備し、武道館利用者に対して公開するとともに、用具室には、ミット類、グローブ、サポーター、マットを保管する予定である。道場では、今後、夏休みなどを利用して、空手、柔道、合気道、柔術、剣道の講師を日本から派遣する予定。多目的ホールとしては、地域の住民に使ってもらえる公民館的な役割にする。
◆使用目的
(事務所棟)
ウガンダセンターの事務所、ボランティアさんの宿泊施設、民芸品工房、識字教育クラスの教室として使用する予定。
◆第1期工事総工費

239,644,556UGX ($97,814 $1=2,450UGX 2011年12月7日現在)

◆第2期工事総工費 251,000,000UGX ($86,400 $1=2,500UGX 2012年4月7日現在)

・武道館建設プロジェクトギャラリーはこちら
・武道館建設予定地の地図はこちら
・極真ウガンダはこちら
・ウガンダにおける空手の背景はこちら























印刷通販徹底比較


トップページ支援活動ウガンダ便りご協力のお願い子供たちチルドレンホープについて
Copy right(C) Children hope All rights reserved.